舞台に魅了されるわけ

舞台に魅了されるわけ

演劇におけるワークショップとは

ワークショップとは体験型講座のことであり、演劇ワークショップでは、発声練習や即興、エチュードなどを通し、演技の指導をプロの講師から受けることができます。
タイプとしては、演技未経験者にまで門戸を開いているものから、演技経験者を対象にしているものまで、それぞれです。未経験者にとっては演技を体験するための、演技経験者にとっては演技力を高め、自らの課題を見つけて取り組むためのレッスンになるでしょう。
プロによる演技の指導を受けられるという点で、養成所と比較されることがありますが、養成所が、仕事を得るために日々表現力を高めていくことを目的としているのに対し、演劇ワークショップはほとんどが短期、あるいは中期の講座であり、また開催も不定期であることが多く、参加者は必ずしも仕事という結果を求めて受講するわけでもありません。
指導方法や講座の内容は、主催によって異なります。参加を希望する場合には、各講座の告知などをチェックし、自分の目的に合ったプログラムのワークショップを選択しましょう。

演劇のワークショップではどんな活動を行うのか?

演劇の世界ではよくワークショップによってスキルを学んだり、演劇の楽しさを学んだり、あるいは有名演出家による独特の世界観やその演出法に直接触れるという機会があります。
これは参加者を限定したグループレッスンのようなものですが、市民講座や文化センターや劇場側が企画したり、あるいは演出家などが個別に参加者を募集して実施する場合もあり、参加者は5、6人程度のものから数十人規模になることもあるなど大小様々。開催期間も一回、二回だけのものや半年や一年という長期にわたるものもあります。
ワークショップでは初心者向けに初歩的な演劇論を学び、簡単な劇を作るなどの実践を行うものがある一方、プロやアマチュアを問わず参加者を募り、新作舞台を一緒に作り上げていくことを前提にして徐々に稽古を重ねていくものもあります。そのスタイルは各ワークショップや主催者、講師によって大きくタイプや方針が異なりますので、しっかりとレッスン内容やカリキュラムをチェックすることが大切と言えるでしょう。

recommend

横浜のエステサロン
http://emotion-esthe.jp/

Last update:2016/4/7