舞台に魅了されるわけ

舞台に魅了されるわけ

演劇でアルバイトをしたい場合は

演劇が好きな方、将来プロの役者を目指す方の中には、劇団でアルバイトをしてみたい方もいるでしょう。 劇団のアルバイトに採用されるには、どんなことに注意すればいいのでしょうか。
まず、舞台に上がることはできないと考えておいたほうがいいです。相手はそれを稼業としているプロのため、いきなり素人を役者として採用することはありません。むしろ、たとえ演劇の経験があっても、アピールし過ぎると逆効果となります。
劇団がアルバイトを募集するのは、在籍している役者の練習や演技が円滑に進められるよう手伝いをして欲しいからです。そのため大道具の片付けや、掃除などの仕事が基本となります。
役者志望者が劇団でアルバイトをするメリットとして、プロの仕事を間近で見られるということがあります。また、裏方など劇団運営について把握しておくことも将来的には役立ちます。
しかし、本気で役者を目指すのであれば、正式に弟子入りするか、アクターズスクールなどに通う方が近道です。手伝ううちに正式に採用されるような種類の仕事ではないことは頭に入れておきましょう。

無口でも演劇アルバイトは仕事は成り立つ

ベストなタイミングでセリフを発することが求められる演劇では、しばしばアルバイトの姿が確認できます。
彼らに与えられた役割は、その場に存在し続けることです。付随して動作の指示を受けることもありますが、たいていは出番が終わるまで背景であるかのように振る舞うだけです。ときとして喋ることも要求されますが、事例としてはあまり多くありません。演劇のアルバイトは、喋ることが得意でなくても務まるというわけです。演劇の舞台で美声を轟かせたいなどと意気込んでいるわけではなく、なおかつ激しい動作もできない人物はアルバイトとしての立場にやり甲斐を得ます。
たとえ主役級の演劇役者でなくても、特定の作品の一部分になれた事実に喜びを感じるからです。しかしながら、アルバイト経験が長くて役者としての能力を認められると大役を任せてもらえることがあります。その瞬間のためにも、少しずつ演技力を磨いておき突発的な抜擢に対応できるようにするのが賢明です。

check

LED打ち替えなら
http://www.k-modest.com/led_lamp.html

最終更新日:2017/1/26